公募していただいた俳句は選者(中山奈々、黒岩徳将、若林哲哉)3名による選句を行い、3月28日の句界庭園内にて優秀句を発表、選評します。

 

白鳥庭園内に3つの投句箱を用意しました。句界庭園にふさわしいちょっと素敵なBOXです。正門、北門、清羽亭にあります。
ぜひ投句にチャレンジしてください。

 

Design

チラシ 前畑祐司

投句箱 丸山のどか

<選者プロフィールと作品>

中山奈々

1986年、大阪生まれ。「百鳥」同人。
2003年、俳句甲子園をきっかけに俳句を始める。

天気と時間が読めず、人生の半分は雨に濡れているか、遅刻している。

「早稲田大学」増刊女性号(筑摩書房、2017)
『天の川銀河発電所 Born after 1968 現代俳句ガイドブック』(左右社、2017)に参加。

茄子きうり実家の住所忘れけり
夏痩せのきみが生理を心配す

霜を舐め尽くせと犬を放ちをり

夢に出て来るほど冬帽子が似合ふ

ああ春はまだ暗がりに置くピアノ

黒岩徳将
1990年、神戸市出身、東京在住。「いつき組」「街」所属。

現代俳句協会青年部副部長。

第五・六回石田波郷新人賞奨励賞。第九回北斗賞佳作。

龍天に登る蒸籠の隙間より

「ブラジャー買おかな」「ほんまに買えよ」かにキムチ

もろこしを動く歩道で頂きぬ

改札は有馬記念の足の音
水仙や電車が見えて小走りに

若林哲哉

1998年生まれ。俳句雑誌『奎』同人。
「金沢大学俳句会」代表、『WHAT』編集部。

くちぶえの吸ふときも鳴る花曇

はつ夏や紅茶に変はる水と粉

うすく影秋風鈴のあさがほに

黄落や波紋のやうに石畳

旧道を来て冬蝶の国にゐる